運営・サポートメンバー

運営メンバー

運営メンバー

プロジェクトチーム3play(三宅村ふれあい交流事業推進協議会)

次代を担う若者の視点から三宅島の産業発展に関して、自発的な村おこし事業を運営するための組織として2013年5月に結成されました。チーム名は、PLAYに「過去からの再生」「持続する」「新しいスタート」という3つの意味を込めています。10数名のメンバーは、分野を超えて漁業、農業、観光業、商工業、スポーツ振興、教育に携わる20~40代の島内在住者で構成されています。

リーダー:谷 順二

三宅島は、人と人の絆が強い、人のあたたかさがあふれる島です。火山とともに生きるからこそ、人々は絆で災害を乗り越えてきました。女性参加者のみなさまが、「また来たよ!」といって、来島してもらえるようなツアーを作ります。

サポートメンバー

ツアーアテンド:中塚 麻子

三宅島をこよなく愛する島外出身者。
運営メンバーと一緒に企画運営にも関わっています。ツアー中は、参加者のみなさまの相談役として、きめ細やかなサポートを行います。

ツアーアテンド:中塚 麻子